ごあいさつ

株式会社アクシオ 代表取締役社長 樋口 嘉章から、皆様へのご挨拶


株式会社アクシオ
代表取締役社長
樋口 嘉章(ひぐち よしあき)
略 歴
神奈川県横浜市出身
武蔵工業大学工学部電気工学科卒
昭和57年
昭和電線電纜株式会社入社
平成15年6月
株式会社アクシオ取締役
平成27年6月
株式会社アクシオ常務取締役
平成28年6月22日より現職

スマートデバイスは驚くべきスピードで世の中に普及し、以来特別な意識をすることなく、何時でも何処からでもICT環境を利用出来る時代になりました。
話はずいぶん遡りますが、私が会社に入った頃は、既に技術・開発業務でPCが使われていましたが、まだ当時はメーカーが異なるPC同士が繋がらず(スタンドアロン状態での利用)、データはフロッピーディスクで受け渡ししていました。 この繋がらないという課題を解決したのがNetWare®でした (当社は創業当時NetWare®のリセラーでした)。 これを機にPC-LANは数多くの会社で利用されるようになり、基幹業務をも担うようになっていきます。 当時私は、工場内の販売・在庫管理、業務指示などのシステム構築に携わっていました。 各種データが机上のPCから呼び出せるようになりましたので、受注残と在庫から売上の見通しが立ち、所要量計算に基づいた材料調達で不動品の発生は抑えられ、離れた場所での作業進捗状況も把握できるようになりました。 業務効率は飛躍的に向上し、PCがLANで繋がる威力を実感させられました。 それは、高いところに登ると景色が変わるように、全く違う業務の世界が見えてくるわけです。
そして、ハードウェア処理能力の向上と低価格化、Windows® 95の出現とインターネットの普及・発展により、PCは基幹系業務だけでなく、ありとあらゆる分野に利用され現在に至っています。
一方では、なりすましやウィルスなど、システムを利用する上での脅威も増えています。 便利な情報を、正しく、安全に、いつでもどこからでも利用できるようにするために、システムは高度で複雑になる傾向があります。 しかし、それは私たちアクシオが望むシステムではありません。
投資が嵩んだり、業務を担う担当の方々や運用保守業務を担うシステム管理部門の皆さんの負荷が高くなったりしたのでは、利用しやすいICTとは言えないからです。
システムが複雑になっても、取り扱い易いシステムでなければ意味がありません。 これまでアクシオは、Standing On Your View Point をモットーとし、シンプルで取り扱い易いシステムの提供を目指し、ユーザ及びシステム部門の皆さまと共に歩んで参りました。
そして、これからもそうあり続けることで、お客様との信頼の輪を広げていきたいと考えております。

株式会社アクシオ
代表取締役社長
樋口 嘉章
(ひぐち よしあき)

略 歴
神奈川県横浜市出身
武蔵工業大学工学部電気工学科卒
昭和57年
昭和電線電纜株式会社入社
平成15年6月
株式会社アクシオ取締役
平成27年6月
株式会社アクシオ常務取締役
平成28年6月22日より現職

製品・サービスに関して、お気軽にお問い合せください。
(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL:03-6430-0940

問い合せ

TEL:03-6430-0940

お問い合せ


ページトップ