ロボティック・プロセス・オートメーション

RPA (robotic process automation)とはルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのことです。仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれています。

WinActor

概要

・WinActorは2010年にNTT研究所で産まれた純国産RPAソリューションです。
・Excel、ブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリーケーションの操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウェア型のロボットです。   

提案シーン

定型作業にかかる稼動・コストを削減したい

例)定型作業に時間を要し、他の業務へ時間を当てられない
例)業務繁忙期に臨時職員を雇うのが大変   

誤入力等の事務ミスを防止したい

例)誤入力、チェック漏れ等、事務ミスが多い
例)ミスの影響調査や改善活動、報告の時間がもったいない   

システム改修費用・リスクを抑えたい

例)既存のシステムに改修などの手を加えたくない   

特長

特長詳細

自動化対象ソフト Windows端末から操作可能なあらゆるソフトに対応!
IEやOffice製品(Excel,Access,word,Outlook等)はもちろん、ERPや、OCR、ワークフロー(電子決裁)、個別の作り込みシステム、共同利用型システムまで
対応言語 完全日本語対応
マニュアルからシナリオ作成画面まですべて日本語
取扱い難易度 低い
GUI完備、プログラミング知識や特殊な言語は不要
信頼性 高い
NTT研究所が開発、7年の歴史
サポート 万全の体制
NTTデータが誇る万全の体制
価格 非常に安い
最低賃金を下回る安さ
環境 PC1台でも動作
特別な環境構築不要、PCへのインストールのみ
導入期間 即日利用可能
環境構築もルール作成も簡単、スモールスタートに最適なコンパクト設計

シナリオ作成の流れ

プログラミング等の特別な知識が無くても簡単にシナリオ作成ができます。   

ハードウェア環境

項目 概略仕様
CPU Intel Pentium4 2.5GHz 相当以上
メモリ 2.0GB 以上
HDD 空き容量 500MB以上
画面 1024×768が表示可能であるもの
サウンド シナリオ中で音を出すためのサウンド機能(スピーカーを含む)
※音声機能を使わない場合には不要

ソフトウェア環境

項目 概略仕様
OS Microsoft Windows 7 Proffesional SP1
Microsoft Windows 8 Proffesional
Microsoft Windows 8.1 Proffesional update1
※以下Windows 7, Windows 8, Windows 8.1と記述
※サーバOSには未対応
※シナリオ実行中はPCを占有する必要があり
ウェブブラウザ 対象となる業務アプリケーションがInternet Explorerを使用する場合には、対象ブラウザはMicrosoft Internet Explorerのバージョンは8,9,10,11であること
アプリケーション WinActorでは、処理の自動実行時に外部ファイルから読み込んだ値をシナリオ中で利用する変数に格納することや、実行結果を外部ファイルに書きだすことが可能
外部ファイルの形式としては、CSV形式とExcel形式(拡張子がxls,xlsx,xlsb,xlsm)が利用可能
Excel形式を利用する場合には、Microsoft Office Excel 2007,2010,2013のいずれかのインストールが必要

お問い合せ
弊社サービスについてのお問い合せは以下より承っております。(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL:03-3491-0940


フォームからお問い合せ

製品・サービスに関して、お気軽にお問い合せください。
(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL:03-3491-0940

お問い合せ


ページトップ