WinActor 【RPA】


TOPICS

RPAが会社を変える

社内業務の多くはファイルをコピー&ペーストしたり、
定型的なメールの返信をしたり、数値を入力したりと、
人が手で入力し操作する単純作業がたくさんあります。

デスクトップ上の業務操作を
自動化しませんか?

RPAで会社が変わる

時間を費やしていた手作業を自動化することで、業務の生産性と効率が変わります

RPAを使って「働き方改革」をしましょう!

概要

WinActorは、2010年にNTT研究所で産まれた純国産RPAソリューションです。海外製品と違い、マニュアルや操作画面まで日本語対応されています。
Excel、ブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリーケーションの操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウェア型のロボットです。Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーション操作がシュミレーション可能です。
他社製品と比べコスト面や導入教育のハードルが低いのも、WinActorの特徴です。   


特長

Webブラウザ、Office 製品、自社のワークフローなどWindowsPCのあらゆるソフト操作を自動化します。   


WinActorはGUIを完備し、プログラミングの知識やプログラム言語の習得が不要です。マニュアルからシナリオ作成画面まで全て日本語対応、さらに自らのPC操作を録画してシナリオ編集が可能です。   


WinActorはPC1台から動作します。コストをかけずにスモールスタートでRPAソリューションを展開できます。担当者から自部門、さらには他部門へと徐々にRPAを普及できます。   


WinActorはPC1台から動作します。コストをかけずにスモールスタートでRPAソリューションを展開できます。シナリオが作成できたらあとは実行するだけです。   


お問い合せはこちら

RPAはここがポイント!WinActorの得意な操作

4つのインターフェースを用いてあらゆるソフトの操作を実現します。
UI識別型座標指定型は、見本操作(記録にてシナリオの雛形を作成)による作成が可能です。   

UI識別型と座標指定型で記録操作(緑太枠)が可能ですが、実際のシナリオ作成にはこれだけでは満足されないケースがあります。
・フローからのシナリオ作成がほぼ必須
・画像識別型や座標指定型 の利用が避けられない(赤太枠)
・端末の画面設定が異なると動作しない   

RPAはここがポイント!モードをうまく使おう!

機能名 機能概要
IEモード UI識別型 Internet Explorer専用の記録モードです。画面上のボタンや入力欄に通し番号を付けて管理し、操作を行ったボタンやテキスト入力欄の番号を記録します。CSSやJavaScriptで作成されていると、その部分をWinActorは認識できないため記録できません。WinActorはHTMLを解析で静的はOK、動的はNGです。
イベントモード Windowsアプリケーション専用の記録モードです。画面上のボタンや入力欄に通し番号をつけて管理し、操作を行ったボタンやテキスト入力欄の番号を記録します。メモ帳・電卓はこのイベントモードで操作が可能です。Javaアプリケーションは、イベントモードでの自動記録やライブラリ「自動記録アクション」は使用できません。
エミュレーションモード 座標指定型 マウスをクリックした位置、キーボードを操作した順序を記録します。主に、IEモードやイベントモードでは取得できない記録情報(OfficeアプリケーションやIE以外のブラウザ画面操作)やマウス・キーボード操作を一つ一つ記録させたいときに使用します。

基本的なシナリオ制作の流れ

お問い合せはこちら

ライセンス形態と機能

WinActorライセンス

品名 型番 価格
(税別)
備考
フル機能版
(シナリオ作成機能 実行機能)
AXWA-CL-1F 908,000円/年 ※年間ライセンス(サポート込)
実行版
(シナリオ実行機能のみ)
AXWA-CL-1J 248,000円/年

※クライアント型、サーバ型ともに同額です。
※利用料型(年額)のライセンスです。
※オープン価格であり、記載は定価相当の価格です。
※メーカサポートは①マニュアル記載内容に関する問合せ、②製品仕様(機能、仕様、制限)、③バグ修正版のご提供を対象としています。
※対応OSは、クライアント型:Windows7、8、10、サーバ型:WindowsServer2016です。
※クライアント型 WinActor, サーバ型WinActorともに利用するユーザプロファイルごとにライセンスが必要です。
※クライアント型 WinActorをご利用中のユーザ様は、追加費なしでサーバ型WinActorへの切り替えが可能です。
※一括数十台規模でのご契約場合、ボリューム割引を検討します。   

WinActor実行環境

項目 クライアント実行版 サーバ実行版
WinActorバージョン 5.0.y(yは1桁の数字) 5.0.y s(yは1桁の数字)
対応OS Windows 7 SP1(32bit, 64bit), Windows 8(32bit, 64bit),
Windows 8.1(32bit, 64bit), Windows 10(32bit, 64bit)
Windows Server 2016(64bit)
対応ソフトウェア Microsoft Office 2007, 2010, 2013, 2016
*Microsoft Office連携時
Microsoft Office 2010, 2013, 2016
*Microsoft Office連携時
対応ブラウザ Internet Explorer 8,9,10,11
*シナリオ作成機能使用時
Internet Explorer 11
*シナリオ作成機能使用時
対応アプリ開発環境 NET Framework 3.5, 4.0, 4.5, 4.6, 4.7 NET Framework 4.5, 4.6, 4.7
推奨CPU Pentium4 2.5GHz相当以上 2.5 GHz以上のx64ビットプロセッサ
(SSE2 命令セット)
ハードディスク 空き容量 500MB以上 空き容量 3.0GB以上
メモリ 2GB以上
ディスプレイ 1024 x 768以上
サウンド シナリオ中で音を出すためのサウンド機能(スピーカーを含む)※音機能を使わない場合は不要

WinActor主な提供機能

機能種別 説明 機能概要
記録機能 シナリオ記録 コンピュータで行う操作を、様々な方法でWinActorが記録します。
編集機能 シナリオ編集 記録したシナリオを、WinActorの機能を使用して作成・編集します。
実行機能 シナリオ実行 WinActorが作成したシナリオに沿って作業を実行します。
画面 説明 機能概要
メイン画面 シナリオの記録・実行・保存・読込み メイン画面はシナリオファイルの保存・読み込み操作、
シナリオの実行・記録を指示する画面です。
フローチャート画面 シナリオの編集 フローチャート画面は、シナリオを編集する際に使う画面です。メニューバー、シナリオ表示、ノード(機能)、ライブラリ(ノード以外の拡張機能)を利用してフローを作成します。
変数一覧画面 変数の設定 変数一覧画面は、変数名の管理をする画面です。変数を一覧で確認し、また、変数の初期値をあらかじめ入力しておくことができます。 文字や数字などの値を、一時的に入れておく箱(領域)のことです。必要なタイミングで取り出し、また各種演算に利用することが可能です。
データ一覧画面 投入データを一覧表示 データ一覧画面は、Excelファイルやcsvファイルのデータを使って業務システムにデータ投入を行ったり、業務システムに表示されたデータをExcelファイルやcsvファイルに記録する際に使用する画面です。(ODBC経由でDB連携が可能)
監視ルール画面 監視ルールを設定 監視ルール画面では、特定のウィンドウが表示された時に、「シナリオ停止」「サブルーチン呼び出し」「例外発生」いずれかの動作を設定することが可能。(「監視ルール一覧」は、実行版では表示されません)
ログ出力画面 シナリオの実行経過を表示 ログ出力画面は、シナリオ実行時のログ(実行の履歴)を表示する画面です。
イメージ画面 記録時のキャプチャ画像を表示 イメージ画面は、ノードを記録した時の画面キャプチャを表示します。シナリオをメンテナンスする際にどのような操作を行っていたかを振り返ることができます。
ノード フロー/アクション/ユーザ/変数 フローチャート画面のノードは、4つのカテゴリに分類されています。カテゴリの中には、30の部品が存在し、この部品を組合せシナリオを作成します。詳細は、部品のプロパティで指定します。
ライブラリ WinActor制御/エラー処理/変数等 フローチャート画面のライブラリは、22のカテゴリに分類されています。カテゴリの中には、300以上の部品が存在し、この部品を組合せシナリオを作成します。
スクリプト スクリプト実行 スクリプト実行は、VBScriptで記述したスクリプトを、WinActorの中で実行します。これにより、WinActorの動作を拡張することができます。
お問い合せはこちら

WinDirectorライセンス

品名 型番 価格
(税別)
備考
WinDirector ライセンス AXWD-SV-1 2,280,000円/年 ※WinActor年間ライセンスに追加でご提供しております。

※管理するロボ(WinActorライセンス) 100 台(本)までの価格です。
※WinActor ライセンスとは別売りです。   

WinDirector主な提供機能

機能種別 機能名 機能概要
ユーザ管理 ユーザ登録/更新/削除 WinDirectorシステムにログインするためのユーザ情報を登録/更新/削除する機能。ユーザ毎に機能制限を行うことができる。(一括登録/削除機能も提供)
企業・組織管理 企業・組織登録/更新/削除 事業部、部、課といった部署情報を登録する機能。登録する部署情報はツリー表示で確認することができる。登録した所属情報はユーザ登録(更新)画面で選択可能。(一括登録/削除機能も提供)
機能権限管理 機能権限登録/更新 機能権限をユーザ毎に設定する機能。権限はパターン化しており、「フルアクセス」、「シナリオ登録+ジョブ登録」、「ジョブ登録」から選択できる。 個別に設定したい場合は「カスタマイズ」を選択すると、機能ごとに個別に権限の設定が可能となる。
端末管理 端末登録/更新/削除 実行ロボットがインストールされている端末の情報(IPアドレス、アカウント、WinActorのインストールパス等)を登録/更新/削除する機能。 実行ロボットをグループで管理することができる。(一括登録/削除機能も提供)
ジョブ管理機能 ジョブ登録/削除 WinActorで実行したいシナリオをジョブとして登録/削除する機能。登録したジョブは開始予定時刻になったら実行され、開始予定時刻を設定しない場合は、即実行される。実行ロボットグループを選択した場合は、全台実行か1台実行かを選択することが可能。全台実行の場合は、グループに所属する実行ロボット全台でジョブが実行される。また、実行したい実行ロボットのグループを指定することもできる。
ジョブフロー登録 最大5つまで、シナリオの実行順番を指定することができる機能。
スケジュール登録 ジョブをスケジュール設定し、繰り返し指定による実行をすることができる機能。ジョブ繰り返し(日、週、月)で設定が可能。
シナリオ機能におけるユーザ認証機能 シナリオ実行における業務システムのユーザ認証するための情報連携ができる機能。入力したパスワードは暗号化してデータベースで管理する。
シナリオ管理機能 シナリオ登録/更新/削除 WinActorで作成したシナリオをアップロードして登録する機能。シナリオ毎に所属での使用制限を設定することが可能。
シナリオのバージョン管理(構成管理) 同じシナリオを登録する際は、上書きをせずにバージョン管理する。
異常通知 メール通知機能 WinDirector及び、実行ロボットのシステム異常時に登録された管理者アドレスへメールで通知する。

業務フローによる事例紹介

弊社導入事例紹介(抜粋)

導入部署 業務 業務詳細 業務処理 効果
情報システム部門 バックオフィス業務 iPhone利用料集計処理 キャリアのサービスサイトにログインして社給のiPhoneの利用状況や金額を集計 効率UP 140台のiphoneの通信量や利用料金の把握を自動化
情報システム部門 バックオフィス業務 複合機利用枚数集計処理 社内で複合機における個人毎の印刷/コピー枚数の集計を月次で実施 効率UP 個人毎の月間利用枚数及び年間(月毎)利用枚数集計の自動化

お問い合せ
弊社サービスについてのお問い合せは以下より承っております。(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL:03-3491-0940


フォームからお問い合せ

ページトップ