よくある質問

F.A.Q.

アピールしたい事業内容は?

弊社は企業活動のインフラ(社会基盤)ともいうべきネットワークから最新の仮想化技術、各種情報システムに至るまでのソリューションを、常にお客様の視点に立ってトータルで提供してきました。ますます要求の高まるセキュリティ管理についても「IDM(ID管理)/SSO(シングルサインオン)」「認証ネットワーク」「サーバ仮想化/BCP・DR」「仮想デスクトップ/シンクライアント」などのテーマで新しいシステムを提供しております。これらの中でも特にIDM/SSOといった「統合認証基盤」の分野では、その構築実績において業界でもトップクラスであり、地球規模で活躍する企業からも仕事をいただいております。
直近ではRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の国内シェアNo.1と言われるWinActor※1という製品を中心に弊社独自のアドオンソフトであるOnRPA™※2や、AIを使った高精度の手書き読み取りサービスのDX Suiteなどを展開しています。 また、「働き方改革アプライアンス」としてのハードウェアとソフトウェアのソリューションであるRPAonRPA販売にも注力しています。
※1: WinActorは、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※2: OnRPA™は、特許出願中です。(出願番号 2018-140056)

最近の業績はいかがですか。

弊社は昭和電線ホールディングス(東証一部上場)の直轄グループ会社です。弊社の売上の約3割は昭和電線グループ向けですが、これらの事業基盤もあって、サブプライム不況やリーマンショック以来の厳しい環境を通り抜ける中、2014年3月期まで7期連続で経常黒字。2015年3月期こそ不本意な業績に終わりましたが、2016年3月期以降再び黒字を維持しており、最近では安定してグループに貢献できるようになりつつあります。

最近の採用実績について教えてください。

2017年度の入社実績は、新卒入社6名(大卒4名、専門卒2名、男5名、女1名)、中途入社6名です。2018年度の入社実績は、新卒6名(大卒6名、男3名、女3名)、中途入社5名です。2019年度の新卒新入社員(4月予定)は7名(修卒1名、大卒6名、男6名、女1名)です。新卒はもちろん、キャリア採用に注力した結果として、ここ数年現状維持か漸減だった社員数が増勢に転じました。

文系・理系で応募できる職種に制約はありますか?

新卒採用についていえば、全学部・全学科を対象にどの職種でも応募していただけます。
スキルは入社後に身に付けていただければ結構です。なお、既卒の方でも問題ありません。

専門学校生ですが、応募できますか?

学歴不問です。修士卒・学部卒・専門卒とスタートライン(初任給)こそ異なりますが、その後は実力主義です。
やる気・好奇心と能力を重視します。

必要な資格等はありますか?

特にありませんが、自己研鑽等をしておくとよいでしょう。

面接はどのような形式で行われますか?

受ける方一人対複数です。(一次面接で複数対複数の場合もあります。)

配属はどのように決定されますか?

本人の希望・適性と会社の計画や部門要求を考慮して決定されます。

入社後、他の職種(部門)への転換は可能ですか?

年に2回の査定面談等の場で希望があれば伺うようにしています。
即時異動となるかどうかは別として、「ドアは常に開いている」と言えると思います。

勤務地は希望できますか?

主要拠点として本社(東京・五反田)とテクニカルセンター(川崎)、ほかに支店が大阪・福岡にあり、上海に現地法人(愛科秀(上海)信息技術有限公司)があります。
最初の配属は本社か川崎で、その後もこの2拠点が中心になります。ただ、原則として総合職での採用になりますので、ひとり立ちできるようになったら、ローテーションで地方拠点に転勤(エンジニアは原則3年間、その他は原則4年間の勤務)になる可能性はあります。
その他の大拠点ができるかどうかは今後のアクシオの成長次第です。

寮・社宅はありますか?

寮・社宅はありません。住民票上の世帯主(アパート暮らしの独身者を含む)には住宅手当(2万5千円迄)が支給されます。

入社前に教育や集合などはありますか?

例年、秋に「内定式+食事会」を実施しています。これは、同期となる人との顔合せという主旨で行っており、これ以外に特に入社前の集合はありません。
むしろ、卒業までは余りある時間を有効に使って、社会人になったらなかなかできないような経験をして下さい、と申しております。

休日休暇は年間どれくらいありますか?

完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始(12/29~1/3)が既定の休日です。その年のカレンダー次第で日数が変わりますが、2018年度は121日、2019年度は126日(新天皇即位関係、閏2月を含む)です。その他、冠婚葬祭関係で特別休暇(有給)があるほか、入社後3ヶ月経過後に初年度分として14日の年次有給休暇が付与されます(4月入社の場合)。

育児休暇はありますか?

お子さん1人につき年5日までの看護休暇のほか、育児休業制度はもちろんあります。男女問わず申請頂ければ子供が1歳になる迄(夫婦で育児休業を取得する「パパママ育休」では1歳2ヶ月まで、さらに保育所に入所できない等の理由があれば1歳6ヶ月、さらに2歳迄)の休業が可能です。この間、会社からは給与の25%、ハローワークからは180日までは平均賃金の67%、181日めからは平均賃金の50%が支給されます。また、お子さんが小学校4年生になる直前まで1日につき2時間まで短縮して勤務できる短時間勤務制度もあります。弊社はこの度、くるみんマーク(2018年)を取得しました。

オフィスの雰囲気は?

リクナビの組織風土サーベイの結果では、
1)「オープンなコミュニケーション」と
2)「相互の思いやりとあたたかさ」
という項目の値が突出して高くなっています。
キーワードでいうと、
1)「風通しのよい、フランクな、本音で話せる、伸び伸びとした、フラットな」、
2)「寛容な、やさしい、アットホームな、面倒見のよい、なごやかな」… 会社です。

体を動かす機会はありますか?

●CS部門・女性
毎日15時になるとラジオ体操が流れます。会社が提供していることとしては、社員同士で作る「社内サークル」に補助金を出していることです。社内サークルではランニング、ゴルフ、ロッククライミング(ボルダリング)のほか、和心(わごころ)サークルという変わり種も…。

分煙について教えてください。

弊社ではタバコを吸う人、吸わない人が気持ち良く仕事に取り組んで頂けるようオフィス内は禁煙になっております。 吸われる方は、ビル内の喫煙場所で喫煙していただきます。

平均年齢はどれくらいですか?

平均でおよそ39才です。

女性が活躍できる環境はありますか?

●技術部門・女性
その気になれば男女の差はありません(と、思います)。女性でも能力があれば、難しい仕事も任されたり、どんどん活躍できます(おそらく)。結婚後も、家族の理解があれば、継続して同じように働くことができますし、家族の理解があまりない場合でも、ちゃんと話せば考慮してもらうこともできます。育児休業制度があって、今では産休→育休→復帰が普通になりました。2019年3月現在3名(うち1名は2人目)が育休中です。復帰後は育児のための短時間勤務制度を利用して早めに帰宅しています。

●技術部門・男性
私としては女性、男性の区別はつけて考えたくないと思っています。
逆に捉えると、女性の活躍といった「女性だから」のような言葉の捉え方も好きではありません。
ビジネスにおいて、とかく当社にとって技術者であることについて、その職責や責任についてまっとうできてかつ、やる気と自信を持って自分自身のパフォーマンスを最大限に発揮することが出来る人であれば、男性であっても女性であっても分け隔てなく活躍できる。

残業や休日出勤の実態は?

●購買部門・女性
毎月の残業はほとんどなく、9月や3月などの決算時期は多少残業する程度。休日出勤はありません。

●技術部門・男性
これもぶっちゃけということで、、、、、残業はプロジェクトの進行状況や、参画の仕方、また季節などによっても左右されます。
本当に暇なときは暇ですが、忙しいときはとてもハードではあります。でも、通常の勤務状態から徹夜といったことは皆無に等しく、仕事で体を壊すといった人は見たことありません。
(大抵調子悪くなっても風邪をひいたとか、ぎっくり腰とか(笑))ただ、やはりサービス業という側面もあり、またお客様は一般企業の情報システムさんが多いということもあり、いわゆる業務時間外じゃないと仕事が出来ない場合もありますので、そういう時は徹夜や休日出勤もしばしばあります。しかし、その場合は振替休日を取得したり、また出勤時間自体を夜中に合わせたりと、無理が無いような調整を図っています。

●人事部門より回答します。
2017年度の社員1人あたりの所定外残業時間は18.7時間/月でした。年次有給休暇の平均取得日数は12.43日/人でした。

在籍社員が入社を決めた理由を教えてください。

●営業部門・男性
社風(特にフロア見学で感じる社員の雰囲気)

●IS部門・女性
私は普通に就職活動をして入社したのですが、就職先についてあまり深いこだわりはありませんでした。会社に入ってもし自分に合わなければ辞めるだけ・・・と考えていたので、役員面接でも素のままで臨めた気がします。
唯一、理由として挙げるなら、「ちょうど良い」規模の会社だったこと。私は大きな会社の歯車にはなれないのではないかと思っていたので(笑)。
入社して○年になりますが、今でもこの会社に居るということは、少なくとも「辞めてやる」と思うことがなかったからなんでしょうね。

中途採用の方の入社動機は?

●技術部門・男性
中途採用者になぜ弊社を選んだの?と聞くと、大抵返ってくる答えは次の3点に絞られます。
1.社長が面接官として出てきてくれた
弊社くらいの規模だと、入社のときに社長と話をすることはめったに無いそうで、そういった意味では本当の意味で弊社の考え方や方針などを聞くことが出来た、それがいろんな意味でうれしかったというのがあるようです。
2.面接で会社の雰囲気が良さそうだという事が伝わってきた
よく分かりませんが、弊社の面接では、嘘隠しは一切しません。ですので、いいことも悪いことも入社希望の方にはばれてしまうのですが、逆にそれが「非常にオープンな会社」という印象になっているようです。面接後に社内をご案内するのですが、案内するフロアの従業員に「特別対応」を強いることも無いので、汚い社内や雑談の多い社内(笑)を見られてしまうのですが、そういうところをしっかりと見ていて、非常に雰囲気の良い会社という印象が強いようです。
3.やる気を重視してくれそうだ
面接の際に、弊社の面接官が直接聞くことや重視することは、とにかく「やる気」がどれくらいあるかということです。当然技術集団でもありますから技術スキルということも採用のものさしにはありますが、それよりも何よりも「やる気」があることを重視します。技術スキルなんて、いってしまえばやる気があればいくらでもカバーできますし、要するに入社してから何が出来るかが勝負だと弊社は考えています。それを皆さん感じ取ってくれるようです。(実際、IT系技術未経験者が何人もいますが、みな第一線で活躍してます。)

離職率について教えてください。

「年度当初の在籍者のうち、年度内に自己都合で退職する比率」の集計では、弊社はもともと2%前後で推移していましたが、2012年の本社移転後に転職環境の好転もあって、2013年度から2017年度まで6.3%、7.4%、4.8%、4.3%、6.5%と推移しました。2017年の11月に再度本社を移転し、2018年度は予定も含め3.3%です。あまり風水的な要素は考えたくないのですが…。新卒入社の離職率ですが、2009年4月以降の10年間に入社した新卒新入社員のうち、現在在籍していない社員の比率(累計離職率)が27.9%です。

評価制度はどうなっていますか?

●CS部門・男性● ~ガラス張りの評価・昇給・昇格システム
弊社では、あらかじめ設定された評価基準に対し半期毎に、まず本人が自己評価、次に上司が評価し面談ですり合せを行います。面談には30分程度を費やし、なぜこの評価なのかじっくりと話し合います。また、異動やトライしたい仕事、その他の要望などもフランクに話すことができます。これで100%満足という結果にはなりませんが、どこをどう変えれば評価されるのか理解でき、自らの成長につなげることができます。
部門間調整を経て決定される最終評価と会社の業績とで、賞与支給月数と年1回の昇給の金額が決まります。さらに、評価を点数化しその累積点が基準に達すると昇格になります。弊社のシステムは、評価基準・自己申告制度と併せ、客観的に見ても非常にオープンなしくみになっています。会社の業績向上が自らの利益に直結しますので必然、高いモチベーションを保つことにもつながります。

教育制度について教えてください。

スキルの習得についていえば、OJTが基本です。新卒社員の入社時には全員参加で社内規則、職場紹介、マナー教育、コミュニケーションスキル、ISO他各種認証に関する教育と技術実習を約2週間行いますが、これは会社生活をおくるうえで最低限の知識の習得のためで、その後各職場に配置(仮配属)されてのOJTが予定されています。さらには、3ヶ月を経ての正式配属後にも、階層別の必須講座や部門の学習・教育計画に基づくスキルアップのプログラムが用意されています。最終的にはあなたのやる気次第でいくらでもスキルアップの機会は得られます。
なお、新入社員教育の期間及びカリキュラムは、より良い制度を期して見直し中です。

資格取得支援制度はありますか?

弊社では、IT関係の各種資格(及び業務上必要なその他の資格)の取得を奨励しています。受験料や上長が認めたテキスト代等は全て会社負担です。
資格を取得すると、資格の種類(難易度)によってそれぞれ1万円~10万円の一時金が支給されます。

特徴のある制度があれば教えて下さい。

●IS部門・男性
家族手当等優遇されていると思います。

●CS部門・男性
次の2点について絞ってお話します。
1.各種イベントの開催
これまで当社では「新人歓迎ボウリング大会」や「納涼屋形船」、「社員旅行」といったさまざまなイベントを開催してきました。会社は、これらのイベントを全面的にバックアップするだけでなく、社長自らが率先してこれらのイベントに参加しています。
期初には「キックオフ・ミーティング」と称して、会社の業績や当期の目標について社長が直接社員に説明し、一同で「乾杯」するのが恒例になっています。
2.スケジュール登録
業務上の電子メールのやり取りや設備予約、スケジュール管理にはグループウエアというツールを使用しますが、この中でスケジュールの登録に関しては当社独自の「文化」があるのではないかと思います。例えばある人が会議を開催したいと思ったら、設備予約で会場を予約すると共に、自分だけでなく出席してほしい人全員を選択してスケジュール登録をします。スケジュールが空いていれば、社長であっても例外ではありません。このように、他の人からスケジュールを入れられることも、慣れてくると合理的な「文化」だと思います。

会社説明会に参加するには?

就職情報サイトに説明会スケジュールを掲載しますのでエントリーください。

応募方法について教えて下さい。

新卒については就活サイトのバナーよりエントリーして下さい。
中途採用の方は転職サイト掲載時はサイトから、掲載がない、またはわからない場合は、中途採用ページをご参照下さい。

新卒者採用のエントリーはこちらから

ツノル(TSUNORU)学生の就職

中途採用のエントリーはこちらから


製品・サービスに関して、お気軽にお問い合せください。
(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL:03-3491-0940

お問い合せ